IT活用とは


弊社の考える「IT活用」とは

 様々な記事媒体で、「IT活用」という言葉を目にする機会があります。「IT化」と書かれることも多いようです。

 言わずもがな、ITは「Information Technology」の略で、直訳すれば「情報技術」です。

 昨今では良く「ITの活用が遅れている」、「もっとITを活用しなければならない」などといったように語られていると思います。

 では、その「IT活用」とは、何なのでしょうか。弊社が考えるIT活用を目的別に分類すると、以下のようになります。

IT活用の分類電子機器やソフトウェアを使った手段の例
売上の向上を目的とした活用HP、SNSなどによるプロモーション、ECサイトの活用による販売チャネルの拡大、キャッシュレス決済の導入、各種情報管理など
経費の削減を目的とした活用帳票の電子化・データベース化、集計・統計・分析の高速化、コミュニケーションの効率化、自動判断・処理など
IT活用の分類と手段の例

 

 上記の様に、企業の経営に関する活動は、売上を向上するための活動と、経費を削減するための活動の二つに大別されます。その目的に沿った形で、「電子機器やソフトウェアを使った手段」を使って活動することを「IT活用」と表現しています。

 皆様の経営に関する作業の手段として、ノートとボールペンの代わりに電子機器やインターネットを使った手段を利用する、と捉えて頂くとわかりやすいかもしれません。電子機器は人間よりも大量のデータを高速に取り扱うことは得意です。この特性を活かすと、業務の効率化につながると考えます。

 とかく、IT活用というと「クラウド活用」や「スマホ・タブレット活用」、「AI/IoT活用」などといった手段に関わる単語で語られがちですが、それは商品・サービスの提供側であるSIerなどの企業の都合により、わかりやすく需要を喚起しようとしている結果であり、表面的なアプローチです。

 これらは全て「手段」であり、目的には直結しません。このような手段を用いることで、どのような恩恵が受けられるかは、個々の事業者様の状況により様々です。IT活用のご支援というのは、このような事業者様の個別の事情を理解し、目的に合致した最適な手段をご提案する、ということが大きな割合を占めています。

愛用のThinkPadです。

 IT活用で重要なこと

 事業者様にITを活用して頂くにあたって、最も重要なことは、事業者様の基本的なITの知識や使いこなしのレベル、いわゆる「リテラシーレベル」に合わせた取組をすることだと考えます。

 例えば、PCをお持ちで無く、使ったことも無い事業者様がいきなり高度なAI/IoTといったソリューションに取り組もうとしても十中八九、取組は途中で頓挫します。まずは、シンプルなソリューションの導入から始めて、ITの活用レベルを徐々に上げていくことが必要です。

 そのために必要で、かつ弊社が最も重視しているのは、IT全般が苦手で、これまで全くIT活用に取り組んで来なかった事業者様に対しても、たとえ少しずつでも事業者様が主体となってIT活用に取り組んで頂き、苦手を克服して頂くことです。

 「ITはよくわからない」からと、ITの導入・実装を外部のSIerに丸投げし、運用・活用までも全て委託してしまう例が、中小企業に限らず、大企業でも良くありますが、あまり好ましくありません。

 誰でも、苦手なことに取り組むことは、大きなハードルを感じてしまうものです。私も、いきなり「明日から英語でコミュニケーションしろ」と言われれば、塞ぎ込んでしまうかもしれません。

 IT製品はどんどん高度化し、「ITを既に活用している人が前提のIT製品」がどんどん出てきています。AI/IoTなどもそれらに分類されます。ITに関する基礎的な理解を放棄してしまうと、どんどん取り残されていってしまいます。

 繰り返しになりますが、最も重要なのは、ITに対する理解度を少しずつ深めていき、ITの活用の範囲を広げていくことだと考えます。よって、ITを利用する方はもとより、とりわけ経営者の方のリテラシーを向上していただくことは、とても重要なことと考えています。

 ITの活用は、限定された範囲の単発利用だと、導入のための費用と手間が勝り、費用対効果において十分な恩恵を受けることができない場合もあります。

 当初のIT活用で得られたデータを、さらに集計・統計、分析、他のIT製品へ再利用することで、自社における今後の経営戦略や、今後の商品開発や販売施策に活かしていく。このように長期的な取組をしていく必要があります。

 そのため、現状を把握した上での「IT導入計画」を策定した上で、徐々にITを活用し浸透させていくことが、とても重要と考えています。


「中立な立場」であることの意味

 弊社は、コンサルティング業務を主な生業としており、現状ではIT製品の代理店販売などは行っておりません。

 そのため、特定の製品・ソリューションやシステム開発会社に縛られること無く、中立な立場で事業者様のメリットだけを追求して、ご提案することが出来ます。それが、私が中小企業診断士資格を保有しようと考えた理由でもあります。

 システムエンジニアの時代には、どうしても所属企業の「売り物」を背負ってのご提案活動になってしまい、お客様のメリットだけを考えることが出来ていませんでした。

 独立した中小企業診断士となってからは、世の中にあるIT製品を幅広く比較し、中小企業の事業者様に最適な商品を、なんのしがらみも無くご提案することができます。これが、「中立な立場」の最大のメリットであり、意味だと考えています。

 私のご支援が「成功」したと判断できる状況、それは逆説的、かつ自身の存在価値を否定することになってしまいますが、「事業者様にとって、私が不要となること」だと思っています。少し寂しい気持ちなることもありますが、事業者様においてのIT活用の自律化を想像しながら、日々ご支援をしています。

 以上が、弊社の考える「IT活用」です。

 


 弊社のご支援の手順は、以下の通りです。

  1. 現状のヒアリング、課題認識の確認
  2. 弊社からの解決策のご提案、長期的なIT活用計画・ロードマップのご提示
  3. RFP作成のご支援
  4. 具体的なソリューションの選定、ベンダー選定のご支援
  5. ソリューション導入プロジェクト立ち上げ、プロジェクトマネジメントのご支援
  6. システム運用設計、データ利活用のご支援

 上記のプロセスを御社と伴走しながらご支援をして参ります。

具体的なご支援テーマは以下の通りです。

カテゴリご支援テーマ
売上向上系・ホームページの作成(コンセプトからコンテンツ、更新運用)
・SNS活用によるプロモーション
・ECサイトの構築
・マーケティング計画の策定、実施(顧客管理、検索広告、メールマーケティング)
・キャッシュレス決済の選定、導入支援
・POS導入による販売時データ活用支援
経費削減系・Webデータベース(Kintone)等の活用によるデータ管理の効率化
・コミュニケーションの効率化(ビジネスチャット、グループウェア等の選定)
・Excel等の表計算ソフトの活用による効率化
・ファイルサーバ、クラウドサービス活用によるファイル管理の効率化
・原価管理システムの構築による適正利益の確保
弊社のご支援メニュー

 その他、PCやスマホ・タブレットの導入・活用などもご支援可能です。御社の現状のIT活用レベルに合わせて、適切なご提案をさせて頂きます。

 対象業種については、飲食業、印刷業、などの商業・サービス業の事業者様に、多数のご支援実績がございます。

 ご支援をご要望の際には、お気軽に「アクセス・お問合せ」よりご連絡頂ければと思います。